MEMBER interview

新卒メンバーインタビュー

山田 大介 / 山崎 泰河

- まずは、お二人の学生時代について教えてください。

山崎さん私は、学生だからこそ、色々な事を経験しておきたいという気持ちが強かったので、ブレイクダンス、カメラなどサークル活動は積極的に取り組んでいました。ビジネスにも関心があったので、2年生で大学の起業サークルに入り、3年生の時にはVCのアクセラレータプログラムや、大学発医療系スタートアップでの長期インターンなどをしていました。そして、4年生の夏にキャディでフルタイムのインターンをはじめました。

山田さん実は私は、まだ学生で、大学1年生の終わりからキャディに3年程在籍しているので、学生生活はキャディのインターンとしての活動が大部分になります。それまでは、授業に出て、アルバイトをして、友達と遊ぶという一般的な学生生活を送っていました。

- 就職活動は、どのような軸で進めていたんですか?

山崎さん大手企業、メガベンチャー、創業間もないスタートアップなど、幅広くお話をお伺いしていました。私は、今勢いがあって数年後も飛躍していそうな事業に携わりたいと考えていたのですが、キャディはテクノロジーを駆使しながら、製造業の業界を変えるという大きな目標を掲げ、組織としても急成長していた点で興味を持っていました。

山田さん私も、外資コンサルティングファーム、メガベンチャー、大手企業の方々とお話させて頂きました。色々お伺いできて非常に楽しく、自分との類似性も感じたので、仕事はやりやすいんだろうなと。一方、自分は、将来的にはより多くの人に影響を与えつつ、巻き込みつつ、大きなことに挑戦したいと考えていました。そのために、まずは同質性の高い組織よりは多様性のある環境に身をおきたいと考えて企業をみていました。

- ファーストキャリアとしてキャディを選ばれた理由を教えて下さい。

山崎さんイベントで登壇されている代表の加藤さんを見て、すごい人がすごい会社を立ち上げていると思いました。その後、キャディにインターンとしてJOINを決めたのですが、理由としては2つあります。1つ目はビジネスモデル的に社会的意義があると思ったこと。2つ目はとても魅力的なメンバーが集まっており、自身の成長角度が最も大きくなるのでないかと考えたことです。
そして、ファーストキャリアとしてキャディを選んだ理由ですが、上記2つに加えて、非常に高い目標を掲げて日々劇的に変わっていく事業と組織に当事者として関わりたいと思ったこと、働く人たちの仕事に対するピュアな姿勢も素敵だと思ったことなどもあります。
社員としてのJOINは間もないですが、日々自分ができていない事を痛感、良い意味で挫折ができているので、期待を裏切られていないですね。

山田さん学生生活は不満もなく、楽しかったのですが、1年生の12月にふと一年を振り返った時に、「特に何もやってないな」と感じて。せっかく大学に入ったので、何か信念を持ってコミットできるものを見つけたいと考えた時に、周りの環境もあって「会社を興したい」と思ったんです。とはいえ、どうやって会社を創るのか、成長させるのか知らない。であるならば、創業間もない会社でインターンとして働く事が良いと思い、探すことにしました。
そういった会社は、求人を出していないので、SNSを使いながら直接コンタクトをとっていた中、お会いしたのが勇志郎さんで。
当時のオフィスは、4人入ったら肘があたる、トイレの音も聞こえる位の雑居ビルにあり、本当に創業直後のスタートアップでした。実際にお話をさせて頂いて、180兆円規模のマーケットがある、製造業における大きな課題を解きにいくということは理解したものの、この雑居ビルからそれが始まっていく想像ができなくて笑。ただ、勇志郎さん、アキさん、幸松さんの本気で変革を起こしていきたいという志に共感して、キャディへのJOINを決めました。

- キャディにJOINされてからのお仕事について教えて下さい。

山崎さん2020年8月にJOINして、ES(Employee Successの略、人事に該当します)チームアサインになりました。チームとしても立ち上げていくフェーズだったので、取り組むべき課題はたくさんあり、はじめは採用のオペレーション組織を立ち上げる事に。
当時は業務委託の方1名と社員の方が一部オペレーションを担っていたんです。毎月2,3名の入社のペースだったので、どうにか回っていたんですが、数ヶ月で入社メンバーが数倍になったのでこのままではまずいとなり、メンバーを増員し、一定の流入があっても安定的に運営できる体制を構築しました。他には、ナーチャリング中の候補者の方とのコミュニケーションやアクションの企画、中途採用のイベント企画・運営、ダイレクトリクルーティングなども推進していました。
その後、4月からはビジネスサイドに移り、受発注のオペレーション業務や案件の管理に加え、パートナー様とのやりとりなども担当しています。

山田さん2019年2月からのキャディにいますが、入社直後に勇志郎さんに「総合格闘技だからよろしくね」と言われて「あ、なんでもやるんだな」と思ったのを覚えています。
最初は、オフィスに送れられてくる製品を効率的に捌き、開梱・梱包する作業をひたすら行っていました。幸松さんがダンボール作成するのがすごいうまくて、マッキンゼーで第一線でお仕事されていた方が、ひたすら梱包しているってシュールだなと思って、、今では良い思い出です。続いて、サイト作成、SEO対策などマーケティング全般を進めることに。お客様のセグメントわけをやりつつ、顧客対応も一部担っていました。
事業成長に伴って、新しい事業(切削)の立ち上げ、社長室として全社の粗利率改善などを経て、今は技術営業として従事しています。

- キャディで働く面白さについて教えて下さい。

山崎さん製造業では課題が至る所にあり、当事者として向き合える楽しさは感じています。顧客・パートナーの課題を手触り感を持って、ともに解決できるのは、キャディならではですね。
また、会社の変革に関われるのも面白さの一つだと思っています。私はジョインして1年程ですが、社内では新しいプロダクトが次々に生まれていて、順次自動化されています。 社内オペレーションが標準化されていない中で、いかに対応力高く推進するのか、また最終的にはどのように標準化を実現するかを見据えて取り組んでいます。
人軸では、前職で経営層としてご活躍されていた方をはじめとし、様々な業界で成果を出された方が多くJOINされており、その方々がキャディの成長に寄与している姿をみて、自分もモチベートされています。
キャディは目標が非常に高いのですが、「できない」ではなく「どうやったらできるだろう」と考える方が多く、大変な状況をどこか楽しんでいる人も多いのでは、と思います。また「インターン用の仕事」「新卒用の仕事」のようなアサインのされ方ではなく、キャディの大半をしめる中途採用で入社した社員と同等に扱ってくれるのもキャディの面白いところだと思っています。だからこそ求められるものも非常に大きいですが、刺激になります。

山田さん1つは、事業創りのプロセスを肌感を持って理解できるところです。キャディは仮説検証のサイクルがとても早く、3ヶ月に1回全部署の目標設定の見直しがありますし、私自身ある朝言われて2日後に2週間ほどベトナムに常駐したこともありました(笑)。課題設定を見直しながら検証を重ねていき、非連続な成長を続けるこのスピード感は他ではなかなか経験できないのではないかと思います。少し山崎さんの話と重なる所もあるのですが、普通にやると到達できない目標があるので、どうやったら達成できるんだろうと試行錯誤するプロセスは非常に面白いです。キャディの特徴として、目標にリーチするための打ち手に制限はなくて。あらゆる手段を駆使して良く、ゼロベースで多くのTRYができます。案件単位ではあるものの、ゼロ→イチを日々繰り返しているので、事業を作っている感覚が強くあります。もちろん、試行錯誤の結果、受注に繋がり、顧客・パートナーの皆さんに価値を提供できた時はたまらない瞬間です。
あとは、創業者と一緒に仕事できるのも醍醐味の一つかなと。例えば勇志郎さんは、たてる目標に対して、誰よりもコミットしていて、やると決めた事は愚直にやりきる姿を見せてくれます。自分にも「学生とか関係なくオーナーシップを持ち続けてほしい」と直接声をかけてくれるのは、励みになりますね。

- 今後キャディで実現したいことはありますか?

山崎さん直近だと、山田さんも担っている技術営業での仕事をしたいと思っています。
お客さんとのやり取りの中で売上を作る事で貢献していきたいと考えています。事業開発、海外拠点の立ち上げにも興味があります。

山田さん私が身を持って体感していますが、キャディでは成果を上げた人には、年齢に関係なく、本当になんでもやらせてくれる会社です。直近では成果を上げて、メンバーをマネジメントする役割を担えればと考えています。やはり、役割が広がると、解く課題の抽象度も上がっていくので、早くそこに向き合えればと考えています。

- 最後にどんな方にお越しいただきたいですか?

山崎さん貪欲に成長機会を取りにいける人には良い環境だと思います。研修が終わったら、次の日から一緒のメンバーとしてどんどん仕事の依頼がくるので、アグレッシブに推進していく胆力は必要だと思います。しかし、能動的に聞きに行くとみなさん親切に教えてくださるので、そこに食らいついていければ、ビジネスパーソンとして大切な力はすごい速度身につきます。本当に優秀な方々が多く、至らない所も含めてフィードバックを適宜して頂けるのでPDCAを高速で回すことができます。

山田さん私はこれがやりたい、といった具体的なことが現時点でなくても良いと思っているんです。成長して、やりたいことができた時に、挑める人間にはなりたいという心意気の方はフィットが高いと思います。成長する上で、最も重要だと思うのは「まわりの環境」です。成長している事業で優秀な方々と切磋琢磨する環境に身を置けるかで成長角度は本当に変わります。キャディには創業者をはじめ、多種多様なバックグランドの方がモノづくり産業のポテンシャルを解放するために日々フルスイングしていて、成長するためにはこの上ない環境だと思っています。

CEO Message

代表メッセージ

代表取締役CEO 加藤勇志郎